FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
8 years
おいっす!

ひと月に一度しか書く気のなかったこのブログも、今日これを書きたくなるほど感動したものを見つけたので今までの流れをぶち壊して書いちゃいます。



いまやバンド関係の仲間内でも最重要キーワードになりつつある「ラーメン生郎」。

成蹊大学生の学生生活の中でいつまでも美しく咲き誇る思い出「ラーメン生郎」。

他のラーメン屋とは逸脱した注文システム。
美味いという情報を知らなければ決して興味を持つ事はない外観。
小さな商店街の八百屋なんかよりも時代の波に逆らい続ける精算方法。
「うまさ」、「安さ」に並んで「早さ」が求められる今のラーメン業界において、決して追求される事のない商品提供時間や回転率。
他にも、よっぽどの緊急事態でなければ近づきがたいトイレ、一般的なそれとは異なり自身が真っ黒になるまで光り続ける蛍光灯、夏場は必ず見かける「二郎虫」なるミニゴ○ブリ。
そしてなにより誰からも愛され続けるオヤジ・・・。

とにかく、ハマったら最後、最強の中毒性を持ち、そう名乗りながらも他のそれとは明らかに異彩を放つ「ラーメン」を中毒者へ提供し続ける伝説の店「ラーメン生郎」。



成蹊大学入学のため上京して丸8年、同時に生郎中毒になって早8年。

この8年間で人の薦めるラーメンをいくつも食べてきましたが、まだまだダントツのナンバーワン。

というかおれのラーメンランキングで初登場1位をたたき出されて以来、その牙城が崩れる様子を微塵も感じさせないため、いまやとっくに殿堂入りしてランキングには全く左右されない存在です。

やっぱり自分がそこまで愛してるものって知らない人には是非知って欲しいじゃないですか。

ただあそこに限っては「みなさん生郎に行きましょう」と簡単には言えないんです。

問題はその「他のラーメン屋とは逸脱した注文システム」。

友達の推薦を鵜呑みにして次の日ひとりで乗り込んでしまった初心者は注文の際必ず痛い目にあいます。

この問題のために今まで紹介したくても出来ない状況がありましたが(?)、一気に問題を解決してくれるサイトを見つけました。

http://www.higopage.com/namaro/(PCのみ)

店の看板と同じタイトルロゴが憎いです。

初めての人もこいつを参考に生郎デビューを華麗に決めてみてください。



最後に。

初めて聞いた人はその「生郎」と言う名前に違和感を覚えると思います。

簡単に「ラーメン二郎」→「ラーメン生郎」の歴史を説明すると、

長年自分の夢だったという「細麺」へするため、二郎のトレンド「太麺」を否定→二郎系列から脱退→同時期に成蹊大のある部活がふざけて看板を悪戯し 「ラーメン二郎」を「ラブメン生郎」にしてしまう→それを見たオヤジが「成蹊生が付けてくれた名前だからね☆これがいいかなと」

美しいですね。

まぁ人から聞いた話ですが。

それではみなさんこれからもいい生郎ライフを送りましょう。



「ありがとね~」
「ごめんな~」
「コブタはゴッパーです」
「あったかいの頼んだ人いいよ~」
「お水ない人言ってね~」
「次は誰だっけな~・・・」

・・・最高ですね☆
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
200702112136
今日の日記はつまんないよ
こんにちは、今日は簡単に言いたい事を書こうと思います。



最近も相変わらず仕事もせず、ひたすら家で療養に励んでいるわけですが、やっぱりずーっと家にいるとテレビをぼーっと眺める時間も多いわけですよ。

で、ここ一週間ひたすらやってるニュース「柳沢発言問題」。

柳沢厚生労働相が女性を「子供を産む機械」に例えた、あの有名な発言ね。

この発言に対して野党3党は厚労相の辞任を要求、辞任するまで予算委員会出席拒否、テレビでも野党の女性議員がまぁヒステリックに「辞任演説」をしている映像が何度も流れてますわ。



こういったニュースを毎日見てるとホント日本の政治家って終わってると思っちゃいます。

おれなんか普段政治に関して全く興味ないし、今中学受験してる小学生の方が何倍も政治に詳しいと思うけど、このニュースに関してはホント見てて腹が立つ。

野党は辞任辞任一辺倒だけど、ちゃんと発言の前後も聞いた上でこんなこと言ってんのか?

まず柳沢厚労相は発言の前後ですげー謝りながら、「機械といっては本当に申し訳ないが」とかつけて誤解のないように丁寧に、かつ聞き手にわかりやすいように発言してるわけですわ。

さらにこの発言後も、当日の演説会場が騒然となることはなかったって言うし。

という事は普通に発言を聞いてれば、彼の本当に言いたい事は誰にでも理解できる程度のもの、それに対して腹を立てるほどのものではないっつーことじゃん。

女性をひどく蔑んでの発言とも思えないし。

にも関わらずメディアは「機械」しか報道しない、野党は揚げ足取りのように「辞任」しか言わない。



バカじゃねーの。



確かにね、柳沢厚労相の発言にはもーひとつ問題があって、たしかこの演説って「少子化を止めるためには?」みたいなテーマのものらしいんだけど、その結論が「産む機械の数は決まってるから今ある機械に頑張ってもらうしかない」、要は「女よもっと子供産め」っていう誰にでも言えるものなんだよ。

そこに対して「厚労相が何当たり前のこと言ってんだ」で攻められるならわかるけど、明らかに野党は「機械」発言しか見ていない。



まぁね、野党的にはここで与党を攻めて今後の選挙とか有利にするっていう裏もあるんだろうけど、予算委員会欠席はいかんよ。

関係ない仕事はちゃんとしてもらわにゃ。

国民のお金から給料もらってるわけだし。



あー、女性の権利ばっかりヒステリックに主張する女ってホント嫌い(笑)
別窓 | 未分類 | コメント:5 | トラックバック:0
200702040705
| タナブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。