スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
暇すぎて。
はいどーも、最近は仕事にも行かず完全に引きこもりです、タナカです。

いやー、あまりにも暇すぎるのでついに最終手段、「ブログを書く」に着手してしまいました・・・。



って、暇すぎるので特に身の回りには何も起こりません。

なので特に書くこともありません。

しょうがないから毎日暇になった原因について書きますか。



ワタクシ2週間程前に風邪引きまして。

それはそれは久々のつらい風邪で、連日40℃から熱が下がらない始末。

しかたないので家の近くの病院に行ったところ、「肺に水が溜まってて、肺炎の疑いがある。大学病院を紹介するからそっちで診てもらってくれ」との事。

次の日、朝もはよからフラフラになりながら大学病院行きましたわ。

そしたら待たされる待たされる。

採血に1時間、レントゲンに1時間、診察までにまた1時間・・・。

やっとのことで診察室入ったら、ぼっちゃん刈りにメガネ、ガリガリに痩せてて超キョドってる、見るからに頼りなさそうな先生がいらっしゃいました。

ちょっと心配になりながら検査の結果を聞いてると、

「肺に水が溜まってますねぇ」

「原因はまだわかりませんが、考えられるのはまず”結核性胸膜炎”、それから”膿胸”、あとは”ガン”ですかね・・・」



!!!

えぇ!?ガ、ガン!?

「いやいや、あはは、・・・いや、そんなに心配しなくても大丈夫ですよぉ、あはは、ガンっていってもまだ全然お若いですから、あくまで可能性の話です・・・、あはは」

いやいやいやいや・・・・・。



「ま、まぁとにかく、このまま水が溜まってるのも良くないのでとりあえず抜いちゃいましょうか(笑)」

あ、あぁ。いたそーだなぁ・・・。

「じゃ、準備が出来たらまた呼ぶんでちょっと外で待っててください(笑)」

ええ!?今から!?うそぉ!?



そんなこんなで5分程でまた呼ばれ、ベッドの上に腰掛けた状態で背中にでっかい注射器ぶすっとさされまして。

「おー、やっぱりいっぱい溜まってますね~(笑)」

・・・・・・・・。

おれの肺からはどす黒いションベンみたいな液体がペットボトル1本分くらい出てきました。





というわけでそのキモチワルイ液体を検査にかけ、今はその結果待ちのため自宅療養中というわけでございます。

その間もほぼ毎日その病院に通っておりまして、毎回採血、レントゲン、水溜まってたら抜く、を繰り返しております。



とりあえずこの2週間で、あんなに嫌だった注射針が怖くなくなったね。

2週間毎日採血。

今日は左、今日は右、今日は左、今日は右・・・。

すげーだろ。



あ~暇だなぁ~!

こんなんじゃタバコの本数増えてしょーがないつーの!

肺の病気なのに(笑)

とりあえずおそらく明日かあさってには病名がはっきりして、やっていいこといけないことがわかるはず。

もし!

万が一!

飲酒が認められたら誰か一緒に飲みにいきましょう♪
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:12 | トラックバック:0
200612072318
| タナブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。